第1回

基本のメンテナンス用品

メンテナンス方法を覚えよう

普段使っているカメラを取り出して、明るいところでじっくりと見てみてください。液晶部分に指紋がついていたり、ボタン周りにホコリがたまっていたりしませんか。
どんなに注意深く使っていても、気づかないうちにカメラやレンズは汚れているものです。それらの汚れは撮影した写真に影響するだけでなく、場合によっては機材の故障の原因にもなります。カメラやレンズの価格を考えると、壊れたときはすぐに買い換えるのではなく、修理に出す方が多いのではないでしょうか。しかし、修理費用についても数千〜数万円と決して安いものではありません。無駄な出費を抑えるためにも、正しいメンテナンス方法を覚えてカメラを長く大切に使いましょう。

基本のメンテナンス用品

まずは、メンテナンスの基本となるアイテムを紹介します。「カメラ購入時に揃えておきたいもの」でも説明しましたが、カメラをいつも綺麗な状態に保つために、メンテナンス用品は早い段階で用意しておきましょう。

ブロワー

カメラボディやレンズに付着したホコリを吹き飛ばすために使用します。カメラのメンテナンスには欠かせない必須アイテムです。小さすぎるとホコリを吹き飛ばす力が弱いので、ある程度大きくて握りやすい、シリコン製のものがおすすめです。
スプレータイプのエアダスターも販売されていますが、カメラ機材を傷つける恐れがあるため使用には注意が必要です。特にレンズやミラーボックスなど、デリケートな部分には使用しないほうがよいでしょう。
HAKUBAのシリコンブロワーブラシ

HAKUBA シリコンブロワーブラシ

ブラシ

カメラボディに付着したホコリを払い落とすために使用します。素材は、硬いものだとボディを傷つける恐れがあるため、毛先が柔らかく、しなやかなものを選びます。ブロワーでもホコリは除去できますが、ボタン周りやメモリーカード挿入口などの細かい部分を掃除するときに、ブラシがあると便利です。
液晶モニターやレンズなどコーティングが施されている部分は、表面に傷がつく可能性があるためブラシの使用は避けましょう。
HAKUBAのDSLRボディブラシ

HAKUBA DSLRボディブラシ

レンズペン

レンズ表面に付着したホコリを払い、皮脂汚れを拭き取るために使用します。格納式のブラシ、セーム皮のチップがついたペンタイプのクリーナーで、小さくて軽いので持ち運びにも便利です。写真は左からビューファインダー用、レンズ用、フィルター用で、部位ごとに販売されています。レンズにレンズフィルターを装着している場合は、フィルター用のレンズペンを用意しておくとよいでしょう。
HAKUBAのレンズペン

HAKUBA レンズペン

クリーニングクロス

カメラボディやレンズの鏡筒を磨くために使用します。ホコリやゴミが付着したまま磨くと傷がついてしまう恐れがあるため、必ずブロワーやブラシでホコリやゴミを取り除いてから磨くようにしましょう。クロスが汚れていると本末転倒なので、洗えるクロスの場合は小まめに洗濯し、洗えないクロスの場合は新しく買い換えるようにします。
ETUMIのミクロディアエピクロス

ETUMI ミクロディアエピクロス

日頃からメンテナンスしておこう

他にも「クリーニングペーパー」「液体クリーナー」などさまざまなメンテナンス用品が販売されていますが、基本的には上記の4アイテムがあれば問題ないでしょう。カメラを綺麗に保つ秘訣は、カメラの使用後は必ずお手入れをすること、汚れたらできるだけすぐに清掃することです。普段から小まめにメンテナンスしておけば、メンテナンス用品を追加で購入したり、メーカーに修理に出したりといったことも少なくなると思います。前置きが長くなってしまいましたが、具体的なメンテナンス方法については次回以降説明していきます。

Rie Narita
パーフェクトカメラのサイト構築、コンテンツ制作を担当。大手医療系システム会社にてサポート業務に従事。大阪の写真学校を卒業後、ブライダルカメラマンに転身。その後、株式会社フランリベルの立ち上げに参画。