第6回

露出補正

標準露出と露出補正

最近のカメラには、AE(Auto Exposure)と呼ばれる自動で露出を算出してくれる機能が搭載されています。そのため、撮影者は露出を意識することなくシャッターを切るだけで適切な明るさの写真を撮ることができます。「露出モード」で説明したマニュアルとバルブモード以外の露出モードでは、カメラが適切な露出を算出し、絞りやシャッター速度を調整してくれています。このカメラが算出した露出のことを「標準露出」と言います。標準露出が思い通りの露出(適正露出)の場合もあれば、そうでない場合もあるでしょう。適正露出でない場合は、「露出補正」という機能を使って露出を調整します。次の写真をご覧ください。

公園のブランコ(露出補正なし)

標準露出(露出補正なし)

この写真は、絞り優先AEモードを使って公園のブランコを撮影した写真です。露出補正は行わず、カメラに露出を任せてみました。夕方の雰囲気をうまく写し撮れているようにも見えますが、「メインのブランコの椅子が少し暗い」と撮影者である私は感じました。そんなときは露出補正をプラスにして、再度撮影してみます。今回は、例として1段ずつ明るくした写真を2枚紹介します。

公園のブランコ(露出補正プラス1段)

露出補正プラス1段

公園のブランコ(露出補正プラス2段)

露出補正プラス2段

さすがに2段分明るくすると夕方の雰囲気が失われてしまうので、1段分明るくした写真が適正露出のようです。
逆に暗くしたい場合はどうでしょうか。露出補正をマイナスにすれば、暗めに仕上げることもできます。

公園のブランコ(露出補正マイナス1段)

露出補正マイナス1段

公園のブランコ(露出補正マイナス2段)

露出補正マイナス2段

露出補正がうまく扱えるようになると、自分の思い通りの写真にグッと近づけます。最初は慣れないかもしれませんが、積極的に使用して自分の思い通りに撮影できるようになりましょう。

オートエクスポージャーブラケティング(AEB撮影)

「露出補正をうまく活用しましょう」とは言っても、最初は慣れないと思いますし、状況によってはそんな余裕がない場合もあるでしょう。そんなときに役立つのが「オートエクスポージャーブラケティング」という機能です。標準露出に加え、予め設定した露出補正(例えば、プラス1段とマイナス1段)で自動的に撮影されるため、計3枚の中からベストな露出の写真を選ぶことができます。必要に応じて、使用してみるとよいでしょう。

Kazuya Tamakoshi
パーフェクトカメラのディレクション、コンテンツ制作を担当。 大手SIerにて医療系システム開発に従事した後、株式会社フランリベルを設立。エンジニアとしてプログラムを書く傍ら、趣味が高じて撮影の仕事をはじめる。