第1回

白いものを白く写す「ホワイトバランス」

「ホワイトバランス」とは

思い通りの写真を撮るための次のステップとして、写真の「色」について考えてみましょう。「思い通りに写真を撮るには?」で説明したように、光は写真の仕上がりに大きく影響します。被写体に当たっている光は、太陽光、電球、蛍光灯など、さまざまな種類がありますが、肉眼ではどの光も無色透明に見えると思います。しかし実際は、光の種類によって異なる色がついているのです。さらに、同じ光源であっても、撮影環境や時間帯によって色味が変化します。たとえば太陽光の場合、早朝や夕方の光はオレンジ色、曇りの日の空は青みがかった色をしています。

夕焼けに染まる大阪国際空港の写真

夕焼け空の写真は赤みが強い

曇り空の万博記念公園のモニュメントの写真

曇り空の写真は青みが強い

私たち人間の眼は、経験や先入観などから「白いものは白だ」と認識できますが、カメラは、光の持つ色をそのまま写してしまうため、適切に白を補正してやる必要があります。このように、白いものが白く写るように調整する機能を「ホワイトバランス」といいます。

光によって異なる「色温度」

光の色を数値的に表したものを「色温度」といい、基本単位のひとつである「K(ケルビン)」で表すことができます。色温度は、数値が低いほど赤っぽい色になり、数値が高いほど青っぽい色が強くなります

色温度と色味の変化を表した図

色温度の変化

ホワイトバランスは色温度を補正するもの

ここで注意しなければならないのは、カメラ側のホワイトバランスの設定値は被写体の実際の色温度ではなく、被写体に対しての「色温度補正」だということです。ホワイトバランスの設定は、「オート(AWB)」以外に「太陽光」、「くもり」、「電球」、「蛍光灯」など、さまざまなモードがあります。
たとえば「電球」モードに設定した場合、設定される色温度は約3200Kです(設定値はメーカーによって異なる)。設定値上は色温度が低い(=赤っぽい)のに、写真は青みがかって見えます。これは、電球の光の下で撮影すると被写体が赤っぽく写ることから、適切な白に近づけようと青みを強く補正しているためです。逆に、「くもり」モードの設定値は約6000Kと色温度が高い(=青っぽい)のに、赤みを帯びた写真に仕上がりました。曇り空の下では被写体が青っぽく写りやすいため、カメラ側で赤みを強く補正しているのです。

「オート(AWB)」モードで撮影した夜のレインボーブリッジ

「オート(AWB)」モード

「電球」モードで撮影した夜のレインボーブリッジ

「電球」モード(約3200K)

「くもり」モードで撮影した夜のレインボーブリッジ

「くもり」モード(約6000K)

色温度補正において、ケルビン(K)を小さくすることを「色温度を上げる」と言い、青みをプラスすることになります。そして、ケルビン(K)を大きくすることを「色温度を下げる」と言い、赤みをプラスすることになります。

色で写真のイメージを変える

ホワイトバランスは本来、白色を補正するためのものですが、使い方はそれだけではありません。通常はホワイトバランスの設定を「オート(AWB)」にしておけば、ある程度自然な色合いに自動調整してくれますが、意図的に赤み(青み)をプラスすることで、写真のイメージを変えることも可能です。たとえば以下の写真は同じものですが、色味を変えるだけで随分雰囲気が違うことが分かると思います。

昭和記念公園のコスモス(色温度9000K)

赤っぽい色は、暖かい・レトロなイメージ

昭和記念公園のコスモス(色温度3500K)

青っぽい色は、無機質・クールなイメージ

ホワイトバランスは、被写体を通して伝えたいことや、その場の空気感などを表現するために必要不可欠です。ホワイトバランスの設定についてそれぞれの特性を理解し、撮影状況や気分に合わせて「オート(AWB)」以外の設定にも挑戦してみましょう。

Rie Narita
パーフェクトカメラのサイト構築、コンテンツ制作を担当。大手医療系システム会社にてサポート業務に従事。大阪の写真学校を卒業後、ブライダルカメラマンに転身。その後、株式会社フランリベルの立ち上げに参画。