第3回

色の表現法と色かぶり補正

色表現の種類

写真の色を調整する方法は、ホワイトバランスの設定だけではありません。さらに細かな色補正ができるよう、色表現について理解を深めましょう。まず、色の表現法には「加法混色」と「減法混色」の2つがあります。

加法混色

「加法混色(かほうこんしょく)」とは、赤(Red)緑(Green)青(Blue)の三色を組み合わせて色を表現する方法です。それぞれの色の頭文字から「RGBカラーモデル」と呼ばれ、代表的なものにカラーテレビやコンピュータのディスプレイがあります。三色が均等に混じりあうと、無色透明の光になります。電光掲示板に映し出される白文字は、白色の光ではなく、実際は三色が混じり合ってできた光なのです。赤・緑・青の三色は、「光の三原色」ともいいます。
RGBカラーモデル

加法混色の例

減法混色

「減法混色(げんぽうこんしょく)」とは、シアン(Cyan)マゼンタ(Magenta)イエロー(Yellow)の三色を組み合わせて色を表現する方法です。シアン・マゼンタ・イエローの三色に、黒を表すキー・プレート(Key Plate)を加えて「CMYKカラーモデル」と呼ばれています。CMYKカラーは、身近なところでチラシやポスターなどのカラー印刷に使われています。加法混色と違って、色を重ねるごとに暗くなり、最終的には黒になります。シアン・マゼンタ・イエローの三色は、「色の三原色」ともいいます。
CMYKカラーモデル

減法混色の例

「加法混色」と「減法混色」の関係性

これら2つの色の表現法は、「補色」の関係にあります。「補色」とは、2つの色を一定の割合で混合して無彩色になる色のことです。加法混色の場合は、「R(赤)C(シアン)」「G(緑)M(マゼンタ)」「B(青)Y(イエロー)」がそれぞれ補色の関係になり、混合すると白になります。

加法混色と減法混色の関係

補色の関係

「色かぶり」を補正する

撮影時の光源の影響で、実際に見えている風景とは異なる色味が写真に写ってしまうことがあります。たとえば、下の写真はオートホワイトバランス(AWB)で撮影しましたが、不自然に緑がかっています(色かぶり補正前)。このような現象のことを「色かぶり」といいます。自然な色味に見せたい場合は、画像編集ソフトを使用して色味のバランスを整えましょう。今回の例では、G(緑)に対してM(マゼンタ)を足すことで、見たままの自然な色合いの写真になりました(色かぶり補正後)。

色かぶり補正前の奥多摩湖

色かぶり補正前

色かぶり補正後の奥多摩湖

色かぶり補正後

ホワイトバランスや色かぶりの補正は、撮影時のファイル保存形式を「RAW」にしておくことで柔軟に操作することができます。JPEG形式のファイルでも補正することは可能ですが、大幅なレタッチは画質の低下を招きます。RAW形式のファイルは撮影時の色情報を保持しているため、画質を落とさずに現像することができます。

Rie Narita
パーフェクトカメラのサイト構築、コンテンツ制作を担当。大手医療系システム会社にてサポート業務に従事。大阪の写真学校を卒業後、ブライダルカメラマンに転身。その後、株式会社フランリベルの立ち上げに参画。